幼稚園ってママ友 いないとダメ?ママ友ゼロで入園し3年間過ごしてみた結果

ママ友がいない状態で子どもを幼稚園に入園させ幼稚園時代を過ごした筆者が、「幼稚園ってママ友いなくて大丈夫?」という不安にお答えします。

ママ友がいない状態で子どもを幼稚園に入園させ幼稚園時代を過ごした筆者が、「幼稚園ってママ友いなくて大丈夫?」という不安にお答えします。

ママ友がいないけど、入園してから幼稚園でやっていけるかな…と検索をしてみたら、「ママ友がいない人の特徴20選☆」「ママ友がいない人の共通点☆」とかいう記事がずらっと出てきて、

いやいやいやw

知りたいのそういうんじゃないかな!!!!!!!!

は?「ママ友がいない人の特徴」??そんなのこっちが1番わかってっから!!!!!!

…と思わずツッコミを入れてしまった私のようなそこの奥さん、ようこそ。

入園までの4年間、児童館にも行かず公園デビューもせず、ママ友の世界を避けるように過ごし、ママ友がいない状態で子どもを入園させた私です。

そしてなんと、ママ友を作ろうとせず、どちらかというとやんわりと避けて幼稚園の3年間を過ごしました。

今あなたは、ご自身にママ友がいない事で、『何か子どもが困る事があるのでは…』とか『知り合い1人もいなくて大丈夫かなぁ…』なんていう不安を感じている事と思います。

でも大丈夫。

結論からいうと、ママ友がいなくても困る事ってそんなにないし、

頑張ってママ友を作ろう!と思わなくても自然と顔見知りぐらいは出来るし、それで問題なく3年間過ぎていきます

なので、これから幼稚園生活をスタートさせる奥さんには、あまりママ友を作らなくちゃいけないのかな…憂鬱だな…と思い詰めず、まずはお子さんの可愛い園生活を満喫していただきたいなと思うのです。

実際にママ友がいない状態で幼稚園生活をスタートさせてどうだったか、私の感想をまとめますので、ママ友がいなくて不安な方の参考になれば幸いです。

目次

ママ友がいないまま幼稚園入園、ママ友ゼロでも思っていたほど孤独感はなかった

私は高齢出産、しかもひとりっ子男子の母。

これもうママ界隈から完全にヒソヒソされやすい立ち位置じゃないですか。

最初から群れる事が苦手だったのもあるんですけど、何と言っても「子どもの足を引っ張らないためにママ界隈から距離を置きたい」、というのが本音でした。

入園式では極力存在を消していたわけなんですけど、ボスママが誰なのか、ママグループがどれぐらいあるのかも全く知る間もなく終わってしまい拍子抜け。

何だか肩透かしを食らった状態で幼稚園生活がスタートしたのです…

バス通園だとママ達と顔を合わせる機会がそもそも少ない

懐かしいですね…砂の塔

タワマンの下でバス登園の子を連れたママ達がずらっと並んでマウンティング合戦。間違えて私立幼稚園のバス停に並んでしまった菅野美穂(子は公立幼稚園)のシーンは、今でも覚えてます(コワイ)。

砂の塔はAmazonプライムで観られますので、まだ観ていない方は観てみて下さいね。

プライム会員でない方も30日間無料で、無料体験のみの利用もOKなので、入園前に観ておくと面白いですよ◎

Amazonプライムでママ友の世界を予習!

30日間無料、無料体験のみもOK。
無料体験終了後でも月額たった500円です。

私は幼稚園バスの送迎って、少なからず砂の塔みたいなママ友界隈の状態を想像していたんですけども、全く違いました

毎日幼稚園に送り迎えをする人たちと違って、日々顔を合わせるのは同じバス停を利用するママだけなんですね。

数百世帯規模の新築マンションのバス停ならいざ知らず、各バス停、同じ幼稚園のご家庭は数家族だけという事が多いはず。

うちの場合で言うと、入園した時は年長の子が2名いて、我が子と同じ年齢の子は他にいず、その後も卒園まで2名ぐらいの子が同じバス停を利用していました。

でも3名が毎日揃うかと言うとそうでもなく、幼稚園のうちって特に冬なんか代わる代わる誰かしらがお休みだったり遅刻早退だったりするんですよね。

だからバタバタと毎日が過ぎていくし、ぶっちゃけマウント取り合いしてる余裕とかないです。

仕事をしているママもいるので、バス停でいつまでも話し込んでいる事もありませんでした。

バスが来たらみんな颯爽と笑顔で去っていく感じだったので本当に拍子抜け。

ただ、別の幼稚園のバス停では、私が自転車で通りかかった時に喋ってて、2時間後に帰宅のため通りかかった時もまだ喋っていたので、幼稚園の雰囲気とか、その時時のメンツとかにもよるのかと思います。

大切なのは、悪しき習慣を作らないことなので、最初から無理して付き合わず、ナチュラルに解散する感じでいくと良いです◎

同じバス停を利用するママとの付き合い方は別記事で詳しく解説しています。

園に行く機会が思っていたより少なくて、疎外感を感じる機会もあまりなく…

そして予想外だったのが、幼稚園に行く機会が思ったより少ないということ。

個人面談・運動会など各行事以外で私が幼稚園に行ったのは、

  • 保護者会
  • お誕生会
  • 保育参観
  • 引き渡し訓練

ぐらい。もちろん園によっては足しげく通わなくちゃならない園もありますけどね。

そしてどれも、ママ友同士で話す暇がなくあっという間に終わってしまう事がほとんどでした。

そりゃ、保育参観や保護者会の後は、園庭で少しの間子どもたちが遊んだりするので、その時に仲良しママ同士で話している事はありますよ?

でもそれって別に派閥があるとかグループで群れているって事ではありません

奥さんだって、知っている人と知らない人がいたら、知ってる人と話すでしょ??

つまりそういうことなんですよ。

これを「私だけのけ者にしている」みたいな被害妄想で受け止めてしまうと、本当に損なのです。

行事は家族単位での行動、ママ同士群れる暇もなく…

行事はどうかというと、これもまたママ同士で群れている暇もなかったですね…

運動会・発表会・作品展などの行事はパパが来るご家庭が多いので、家族単位で行動している人がほとんど

だからママ友がいない居心地の悪さや不便さを感じる事はありませんでした

場所取りも並び順で多くのご家庭ではパパが並ぶため、仲良しママグループで固まる事も稀。っていうかパパ同士が仲良くなるとかじゃないと稀。

いや中にはそりゃいますよ?家族ぐるみで仲良しっていうご家庭が。例えば地元の人たちとか。でも都市部だと稀です。

こんな感じなのでママ友がいなくても、孤独だとか疎外感とかを感じる要素がありませんでした。

ママ友がいなくても子どもを通じて顔見知りのママが出来ていく

入園前は「ママ友がいなくて大丈夫なのかなぁ」と心配でいっぱいだった私も、一通り行事をこなすうちに「もしかしてママ友いないまま幼稚園生活を終える事も可能なのでは…」と思うようになりました。

それに、ママが必死になってママ友を作ろうとしなくても、子どもを通して顔見知りが出来るんですよね。

幼稚園のママ友は「子ども同士が仲が良い」が優先される

乳児期の頃はママ同士が仲良しかどうかで決まるママ友関係も、幼稚園では「子ども同士が仲が良い」が優先されていきます

だから私みたいに子どもの乳児期にママサークルにも児童館にも行かず、ママ友ひとりもいないよ!!っていうママも、入園したら自然と顔見知りが増えて行くんですよ。

「いやいやうちの子は人見知りだから仲良しの子なんて出来ないよ…」「親子揃って友達いないんだわ…」て思った奥さん。幼稚園児をなめちゃいけない

人見知りの子にもガンガン来るから。

幼稚園児って孤立している子がいたらすかさず「一緒にあーそーぼ!」しちゃうから。

よしんばお子さんがシャイで、お友だちが作れないタイプだとしても大丈夫。

幼稚園児はいい意味でまだそこまで空気読めないので、ガンガン来ます。

そうするとママ同士も何となく顔見知りになっていきます。

ママ友がいなくても子どもに悪影響などない

以上のように、子どもは子どもで親の都合関係なくお友だちを作っていくし、クラスの子と親しくなっていきます。

当然ながら子どもたちには「この子のお母さんはママ友いない」とか「この子のママはうちのママと仲良しではない」とかいう認識はありません。

親にママ友がいようがいまいが子どもにとっては関係のない事で、ママ友がいない状態であっても子どもにとって悪影響は一切ないです。

よく「お母さんが社交的じゃないと子どもに悪影響」とか書かれている記事等を見掛けますけど、子どもを甘く見すぎですw

逆に言うと、子どもは(ちょっと苦手だな…)ってママの子とも仲良くなる可能性があるということなので、その辺は頭に入れておいたほうがいいかも。

ぼっちママは子どもに悪影響?年少を終えて我が家の体験談をまとめました。

進級でクラスが同じだったり習い事が一緒だと何となく話すようになる

ママ友がいない私に一気に顔見知りのママが増えたのが年中に進級したとき。

年少の頃に同じクラスだった人と年中の最初の保護者会で顔を合わせた時に、何となく「あ、年少の頃に同じクラスでしたよね」っていう感じで近くに座って、何となく遠足でも近くにいて、何となく顔を合わせれば話すぐらいになる、みたいな感じ。

お互い「あ!知ってる顔がいてホッとした~!」って言い合い、一気に距離が縮まりました。

習い事で知っている顔を見掛けるとお互いに一気に顔見知りになるパターンもありますね。

要するに話し掛けるきっかけがないだけで、きっかけがあればスムーズに話せるようになるという感じです。

ママ友 いない私が、卒園の頃どうなっていたか

入園の時、ママ友がいない状態だった私が、無理にママ友を作ろうとせずニュートラルに過ごして3年後、卒園の頃にどうなっていたかというと、

  • 気心の知れたママ友(?)が数人できた。
  • 知らないママにも率先して挨拶するようになった。

以上です。

入園の頃のことを考えると、本当に自分でも驚きです。

気心知れたママ友が数人出来た

本当に感謝しかないんですけども、「ママ友いないし不要!」とガルガルしていた私にも気心の知れたママ友(?)が数人出来ました。

とはいえ、家を行き来したりはしていなくて、みんな程よい距離を保ってお付き合いしてます

時々そのママ達とランチに行く事もありますが、幼稚園がお休みの平日に遊んだり、小学校の説明会で何となく一緒に行動したりする感じ。

どのママも本当にいい人で、「私も見習いたいな」と思える人たちなんです。

いつもいつも一緒にいるわけではないけど、子どものことで気がかりな事があれば相談したり話をきいてもらうこともあるし、逆もあります。

リアルタイムで子育てをしているママ同士だからこそ、うなずきあえる事もあったり。

小学生になってからは特に心強く感じることが多いです。

自分から挨拶やお礼をどんどん言うようになった

顔見知りになったママ達が知らないママにも分け隔てなく、ちょとした事でも笑顔でお礼を言い挨拶しているのを見て「なんて素敵なの!」と思ったんです。

だから私も少し勇気を出して、笑顔で挨拶するように心がけました。

まだ見ぬボスママやママグループに警戒していた頃は、きっと私の顔、怖かったと思う…

でも笑顔で過ごすようになると、「〇〇君のお母さんですよね?」と話しかけられる事が多くなったし、同時に知っているママも増えて行ったように思います。

ママ友が全くいなかった年少の頃に比べると、何となく楽しいことが増えたように感じますね。

とはいえ、これは人として当たり前の事なんですよね。

気持ちよく挨拶するというのは、子どもたちにも教えている事でもありますしね♡

幼稚園ってママ友 いないとダメ?ママ友ゼロで入園し3年間過ごしてみた結果、さいごに

ママ友はいないと困るようなものではありません

それに、近づきすぎるとそれはそれで面倒だし、トラブルももちろんあり得ます。

でも、それってママ友に限ったことではなくて、職場だって嫁姑関係だって、近づきすぎればそれだけトラブルも起こりやすいんですよね。

ママ友がいないママでも、子どもを通じて顔見知りのママは増えて行きます。

人として当たり前のことをしてニュートラルに過ごしていれば問題なし!

それより、幼稚園生活は本当にあっという間なので、子どもたちの可愛さを思う存分満喫して欲しいです♡

この記事が奥さんのヒントになりますように。

もうすぐ夏休み
準備はお早めに

長い長い夏休みに必ず役立つサービス20こ以上解説!

↑リンク先に飛べない時は長押し&コピペでご覧ください。

↑リンク先に飛べない時は、ブラウザにコピペしてご覧ください。

»我が家の全44日スケジュールはコチラから«

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる