ママ友がいる・いない両方経験したので、それぞれのメリットデメリットを解説

ママ友がいるのとママ友がいないのと、損することや困ることがあるのか気になる方のために、両方を体験した筆者がそれぞれのメリットとデメリットを解説します。

ママ友がいるのとママ友がいないのと、損することや困ることがあるのか気になる方のために、両方を体験した筆者がそれぞれのメリットとデメリットを解説します。

私はママ友が1人もいない状態で子どもを幼稚園に入園させ、特にママ友を作ろうと思わずに過ごしてきたので、ママ友がいない期間があります。

今は自然と親しくなったママ友…と呼んでもきっと許してくれるであろう人が数人いるんですけど、今とママ友がいなかった頃を比較して、

  • ママ友がいるいない、それぞれのメリット・デメリットは?
  • ママ友がいなくて損すること困ることってあるの?
  • ママ友がいない時といる時と、どう違う?

という疑問にお答えしていきたいと思います。

ただ、一概に「困る」「損する」という利害関係だけで判断できる事ではないので、その点ご承知おき下さいね。

ママ友であれ相手は人ですから、どの世界にも通ずるものがあると思っています。

それではどうぞ!

目次

ママ友がいるメリット・デメリット

それではまず、私が実際に感じたママ友がいるメリット・デメリットから紹介していきます。

メリット①ママ友がいて心強い時がある

ママ友は同じ時代に子育てをしている存在なので、時に誰よりも心強い事があるのは事実です。

ママ友なんてめんどくさい!と思っていた私がそう言うのだから間違いありませんw

私の悩みや心配事を誰よりも共感してくれるのは夫や母よりママ友だし、実際に解決に導くヒントをくれるのもだいたいママ友です。

メリット②子ども同士を遊ばせられる

そしてママ友がいると、子ども同士で遊ばせられるというメリットがありますね。

知らないママを除け者にしているという事ではなくて、ある意味ママ達の自衛のようなもので、知っているママ同士で子どもを遊ばせる事が多くなります。

特に家に遊びに行く場合は、お母さん同士が連絡を取り合える関係である事をルールにしているご家庭もあるはず。

アレルギーの問題や、おやつをどうするか、飲み物はどうなのか等など、ママ同士である程度話ができないと家の行き来はムリですからね。

怪我をさせられた・させたという事もあるので、親御さんがどんな人か全く知らないのは怖いんですよね。

メリット③勧誘ママやトラブルママの情報が入りやすい

それと、片っ端から勧誘してくるママとか、トラブルばかり起こしているママの情報が入りやすいというメリットもあると思います。

事実、私はそうとは知らずにマルチビジネス勧誘ママと親しくしていたという経験がありますしw

誰しもトラブルを避けて穏便に過ごしたいと考えているので、クレーマー気質のママとかヤバメのママとは距離を置きたいに決まってますから…

デメリット①何かと比べてしまいがち

いっぽうデメリットは、子どものことであれ、家庭のことであれ、何かと比べてしまいがちという点でしょうか。

ママ友の子はもうあれができるのに、うちの子はできないとか、

ママ友の旦那さんはこうなのにうちはこう…とか、

どうしても身近な存在と比較してしまうのはしょうがないのですけど、その対象がママ友になると普通の関係より距離を取りにくくなって(子ども同士が仲良かったり、毎日顔を合わす等で)、逃げ場がなくなることも。

なので結局、★うまくいく相手と仲良くなる事が重要なのかなと思います。

デメリット②近づきすぎるとトラブルも増える

そして、デメリット①の延長上にあるのが、近づきすぎるとトラブルも増えるということ。

これはママ友に限らず、人間関係全般において言えることですけどね。

ただ普通の友人関係と違ってママ友って子どもを含めての関係なので、ややこしくなるんです。

親の想いと子どもの想いはイコールではありませんから…

ママ友がいないメリット・デメリット

次はママ友がいないメリット・デメリットをお話していきますね。

メリット①気が楽

なんと言ってもママ友がいないメリットは気が楽ということ。

ママグループの目が気になる方にはメリットとは言えないんでしょうけど、ママグループは案外1人のママの事を気にしていないので、割り切って群れずに過ごすと本当に楽です。

メリット②トラブルに巻き込まれずに済む

ママ友がいないとトラブルに巻き込まれようがないのもメリット。

事実、ママ友を作らず年少を終えた頃は何事も起きない幼稚園生活が本当に快適でしたしね。

うわさ話も入ってこないから嫌な気持ちになることもなかったです。

デメリット①子ども同士で遊ばせる機会が少ない

ママ友がいないデメリットは、子ども同士で遊ばせる機会が圧倒的に少ない点だと思います。

クラスみんなで公園に集まろう〜!みたいな機会に呼ばれることはあっても、それ以上のお誘いを受ける事は稀。

子ども同士で遊ばせることができると体力消耗できて楽というママや、お友達と遊ぶことが大好きなお子さんにとって、子ども同士の遊びの機会が少ない事はデメリットかなと思います。

ちなみに…

私は幼稚園時代、特に年少・年中でママ友がいなかったので、子どもはお友達のおうちに遊びに行く機会がほとんどないまま小学生になりました。小学生になりお友達のおうちに招かれ、ものすごく楽しそうにしている姿を見た時、”ママ友なんてめんどくさい”という私の先入観で子どもからこの機会を奪っていたのかも知れない…と思いました(何事もほどほどが良いですね)。

デメリット②勧誘ママやトラブルママに気付けない

これは私自身経験したことなのですが、気さくに声をかけてくれランチに行ったこともある仲良しママが実はネットワークビジネスの勧誘をしまくっているママだった、という事がありました。

年少・年中とほぼママ友がいなかった私は、彼女が勧誘をしまくっているママだという事を知る由もなかったのです。

ママの噂話というよりも、トラブルになりそうなママの情報はママたちの間で共有するのは当然の事といいますか、それがトラブル回避のための自衛のようなものなんですよね、きっと。

なので、ママ友がいないデメリットは勧誘ママやトラブルが多いママ、クレーマー気質のママの情報が得られないという点だと思っています。

ママ友がいる・いない、比較してどっちが過ごしやすい?

ママ友がいなかった頃と今を比較して言える事は、ママ友がいなくても基本的に困ること・損する事はほぼないです。

じゃぁやっぱママ友なんてめんどくさいだけじゃん!いらないいらない!

…かというと、私はそうは思っていません。いや、かつてはめんどくさそうだしママ友はいならいと思っていました。

でも、子どもが小学生になった今では、夫よりママ友に相談する方が心強い事も増えました。

順を追ってお話していきますね◎

幼稚園時代はママ友がいてもいなくても変わらない

幼稚園・保育園・こども園の間は、子どもを保護者にしっかりと引き渡すまで園が責任をもってくれますし、ママ友がいなくても特に困る事はないです。

例えばママ友がいると、

  • 運動会で自分のクラスがどの位置だと見やすいか教えてもらえたりする。
  • 行事で自分の子どもの写真や動画などをもらえたりする。
  • 行事の席取りしてもらえたりする。

こういうメリットはあります。

私は年少の頃、ママ友がいなかったのはもちろんのこと、クラスのライングループにも参加していなかったので、

運動会でどの場所に席を取っておけば我が子が一番見やすいかなんて知らなかったし、徒競走で間違えて違う子にピントを合わせて写真を撮っちゃってたのでw、ろくな写真がないまま。

大したことじゃないんですけど、こういう時にちょこっと聞くことができる人がいると、幼稚園生活をもう少し楽しむことができたかも、とは思います。結果論ですけどね。

でもこれらはメリットと言えばメリットだけど、プラスαの情報なので、必須事項ではないんですよね。

そもそも未就学児時代は、親子が離れる機会には必ず保護者の代わりになる人(先生)がいるので、ママ友がいないデメリットを感じる機会はありません。

でも今思えば、ママ友がいたらもっと楽しめたのかなと思う

実際に困ることがなかった私ですが、子どもが小学生になった今幼稚園時代を振り返って思うのは、

ママ友がいたらもっと幼稚園時代を楽しめたのかも…ということ。

もちろん結果論でしかないんですが、ママ友トラブルを警戒するあまり、素敵なママ達とも距離を置いていた事を今更ながらに痛感しています。

それほど、今親しくしていただいているママ達が素敵なんですよね。

幼稚園時代の可愛さって格別だなぁと今思うんですけど、本当にあっという間に過ぎていくし、だからこそ私がもう少し柔軟だったら、楽しい想い出の1つ2つ、子どもに残してあげることもできたのかもな…なんて思わなくもないのです。

親と遊ぶ時のテンションと同じぐらいの年齢の子同士で遊ぶ時のテンションの差は、子どもが成長すればするほどに実感します。

例えば、気心知れたママ達で公園で集まって子どもたちを遊ばせる事あると思うんですけども、我が家は数えるほどしか経験させてあげませんでしたからね。

小学生になって、逆にママ友の存在が心強く感じるように

小学校に上がると少し事情が変わって、ママ友がいた方が心強いな…と感じる事が多くなりました

幼稚園時代と違い、色んなご家庭が集まる公立小学校は、悩みが尽きません

それこそ小学生になると、1年生から1人で遊びに行かせているご家庭もあれば、まだ付き添っているご家庭もあるし、スマホを持たせているご家庭もあれば持たせていないご家庭もあり、

「うちはちょっと過保護なのかな…」「いやいや、まだ1人では外に出せない…」という葛藤が次々生まれてきます。

そういう時、心強く感じるのがママ友でした。

もちろんママ友といっても、いつも同じ人と行動しているとか、しょっちゅうお茶している訳ではないですけどね!

小学校に入学したらママ友が心強く感じた話で詳しくお話します。

ママ友がいる・いない両方経験したので、それぞれのメリットデメリットを解説、さいごに

ママ友がいる・いない両方経験した立場からそれぞれのメリットとデメリットをお話しました。

確かにママ友がいないのは気楽ではありますが、かといって先入観で頑なに拒否し続けるのはもったいないかも。

「無理に作ろうとも思わないけど、かといって拒絶もしない」ぐらいのニュートラルさを持っていたほうが、案外気楽なのかも知れませんね。

もうすぐ夏休み
準備はお早めに

長い長い夏休みに必ず役立つサービス20こ以上解説!

↑リンク先に飛べない時は長押し&コピペでご覧ください。

↑リンク先に飛べない時は、ブラウザにコピペしてご覧ください。

»我が家の全44日スケジュールはコチラから«

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる